HPやブログでお困りの方はお気軽にご相談ください

アフィリエイトでも役立つ!読まれるブログ記事を書く方法

サイト作成
この記事は約5分で読めます。

読まれるブログ記事は自分の言葉で書くこと、自分が体験したブログ記事だとアクセスが多いです。今回は、アフィリエイトでも役立つブログ記事が読まれる、結果アクセス数が増える方法です。

スポンサーリンク

よく読まれるブログ記事の条件

よく読まれるブログ記事は、自分の体験に基づいたブログ記事が説得力があってよく読まれます。

  • 自分の言葉でブログ記事を書く
  • 自分が体験したことを書く
  • 引用を多用しない

その他、Googleにブログ記事をきちんと伝えることも大事です。

  • タイトル・説明の文字数を気をつける
  • ブログ記事の書き方
  • 書いたブログ記事は育てる

自分の言葉でブログ記事を書く

ブログ記事を書くとき、他のサイトのコピーをしていては単なるコピーサイトとしてGoogleに認識され、そのコピペ記事だけではなく、結果サイト全体の質の低下にもつながります。今まで書いたブログ記事が1つのコピーブログ記事で台無しになります。

よって、他のサイトと同じような題材のブログ記事を書くにしても自分の言葉で書くことが重要です。結構コピーしているサイトは見かけますが、一般の自分でも分かるということはGoogleにとってはコピーサイトを見つけるのは簡単なことだということです。

自分が体験したことを書く

自分が体験したことですと、やはり内容的にも体験していない人よりは説得力が出てきます。体験していると写真や実際に利用した感想がリアルに書けます。アフィリエイトサイトの運用では重要なことです。

よくアフィリエイトサイトで見かけるのはおそらく買っていない、使ったことがない、体験したことがない人が上辺だけのブログ記事を書いているのを拝見しますが、その方の説明ではなかなか買ってくてません。

上の記事は現在も実際に愛用しているトートバックですが、毎月売上を出しています。2018年のブログ記事ですが現在も販売されているのでアクセスがあります。

ファイブウッズ おすすめファイブウッズ 評判などで検索してみてください。トートバッグ単体のキーワードではライバルがたくさんいます。しかしファイブウッズですとビックワード「トートバック」よりライバルは少なくなり、ファイブウッズに興味を持った方にブログ記事を書けば訪問人数は少ないですが、検索で上位に上げることが出来ます。モデルチェンジをあまりしない商品ですと長い期間読まれます。

そしてなんとこのサイトで月間アクセス数一番が多いのは以下の記事です。

ほんとにこんな人いるの?!セルフガソリンスタンドで絶対にやってはいけない行動5選+番外編5選
あるセルフガソリンスタンド様からの依頼で、SNSへ効果的に宣伝広告を兼ねて投稿するにはどうしたら良いのかと言うご依頼を受けたときの雑談からの衝撃的を受けたお話を共有したいと思います。内容は、セルフガソリンスタンドで絶対にやってはいけない行動のお話です。

2013年の記事ですね。この記事は、今はなきNAVERまとめでまとめられ2ちゃんなどに拡散されました。もちろん今でも更新は続けています。

引用を多用しない

自分の書いた言葉より引用の方が多い。さらにその引用に引用符をつけずにまさに自分の言葉のように書いてリンクもしない。下のようにちゃんと引用と分かるように書くことが大事です。

自分の書いた言葉より引用の方が多い。さらにその引用に引用符をつけずまさに自分の言葉のように利用しリンクもしない。

引用はだめではありません。自分も実際に引用しているブログ記事はあります。ちゃんと引用符をつけないと単なるコピーサイトとしてGoogleに認識されてしまいます。引用元のリンクもあるといいですね!

引用符をちゃんとつけたとしても引用だらけだったらせっかく書いたブログ記事が意味のないブログ記事になります。だって、本家を見に行った方がよいですから。

スポンサーリンク

Googleにブログ記事をきちんと伝える

書くだけではGoogleにちゃんと伝わらないのでせっかくよいブログ記事を書いたとしても検索順位に影響が出ますのできっちりやっておきたいところです。

タイトル・説明の文字数を気をつける

タイトルと説明(description)はちゃんと指定して書いた方がGoogleにどんなブログ記事なのか伝わりますのでしっかり設定することが大事です。

タイトルは一般的に日本語の場合は32文字以内、説明は120文字前後に収めることが最適とされています。

説明はスマホだと50文字が表示されるので大事なキーワードは前の方に書いておいた方が良いです。クリックするのは見る人ですから、キーワードが後ろで隠れて検索結果に表示されなければクリックされません。

読み応えあるテキスト量は2,000文字超えてくるとよいかと思いますので、書くなら2,000文字を目指すとよいです。ちなみにこのブログ記事数は2,466文字です。

ブログ記事の書き方

見出し、リスト、引用符などはブログ記事を書くときには大事になってきます。Googleは人がサイトをチェックしに来ているわけではありません。ある意味機械(プログラム)が見出し、リスト、引用符と判断してブログ記事の評価を決めています。

読む人のために記事を装飾するのは読む人のためであって、基本的にはちゃんとした構成で書いていることが重要になってきます。

書いたブログ記事は育てる

書いたブログ記事は放置せず進んで更新してください。自分のブログ記事一覧から1つ1つ見てもらえればそれなりに古いブログ記事でも更新しています。

スポンサーリンク

まとめ

細かいことを言ったらまだまだあるのですが、きりがないのでこれぐらいで最初は意識してブログ記事を書いてみてください。少しはアクセス数が増えるかと思います。

でもまぁ、記事の書き方は分かってもネタが思いつかないですよね。あとはこれを書こうと思っても同じような記事あると思って躊躇してしまいますが、自分は自分ですので同じ題材でも伝わり方が変わってきますのであまり気にせずどんどん書いていった方がよいです。これは過去の自分のブログ記事に対しても同じです。

このブログ記事の内容だってたくさんの人が書いていますが、ここにたどり着いたあなたが見たってことはそういうことです。

サイト作成
スポンサーリンク
HaLPosT|ウェブコンサル – サイト全体アドバイス

HaLPosTはホームページやブログを全体的(SEO・集客・広告・管理)にコンサル。1回だけの相談OK!大手にはない細かいアドバイス。

対面・オンラインウェブ相談・全国対応可・土日祝日夜間対応可。中小企業・個人事業主歓迎!

HaLPosTをフォローする
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
HaLPosT(ハルポスト)|ウェブコンサルタント

コメント

タイトルとURLをコピーしました