【店長必見!】立て看板の見直しだけで集客を増やす、売上を上げる方法

 
 

お昼時にビジネス街などで歩道を歩いていると、あちこちで見かける「ランチやってます!」などの立て看板。

路面店ならすぐにメニューや場所の確認ができますが、1本入った路地裏や2階の店舗までわざわざ行きたくなる立て看板はなかなか見かけません。

今回は、少しの立て看板の修正で、集客、売上を上げる方法です。

スポンサーリンク

立て看板を見直して集客を増やし売上を上げる方法

立て看板は、歩きながら見るものです。お客様は何を知りたいのか?を業種ごとにお客様が知りたいことを把握して、立て看板の見直しが重要になっていきます。

  • 画像付きおすすめ商品の記載
  • 料金の記載
  • 場所の記載
  • QRコード貼り付け
  • カード決済有無の記載
  • 財布に入るようなメニュー設置

以上、詳細に説明していきます。

画像付きおすすめ商品の記載

お客様は、どんな料理を扱っているお店なのか?

飲食店を例にすると、お昼時だとランチの詳細になると思いますが、そのランチの詳細でそのお店にはどんな商品があるのかを想像します。

例えば、その商品名を見ただけで、その店は中華なのか、洋食、和食など分かるようにします。

また、画像付きでなおかつ店舗の中の写真もわかるようにうまく撮影します。

料金の記載

料金がいくらなのか?

ランチ料金を記載することにより、お客様はその店の平均単価を知ることができます。

例えばランチが〇〇円だから他の商品も〇〇円ぐらいで和食を扱っていると想像します。

場所の記載

どこに店舗があるのか?

路地裏では、矢印や目印、看板からの所要時間など書きます。

例:この路地を入って左側何番目の店舗で徒歩20秒です。

など、簡単に分かるように記載します。

QRコード貼り付け

お客様は、店にわざわざ行かなくても他のメニューも知りたい。

QRコード貼り付けによって、お店のHPへ簡単にアクセスすることができます。

ポータルサイトに登録していれば、そのポータルサイトへアクセスできるようにQRコードを作成しても良いですし、メニューページだけ作って高速に表示させるのも良いです。

スポンサーリンク

カード決済有無の記載

カード決済可能か?

今の時代、カードしか持たない私のような人もおり、カード決済できない店舗だと入れません。

もし、カード決済できるのに立て看板に載せていない場合は、できないと判断してしまう場合がありますので、カード決済可能な場合は必ず載せるようにします。

また、外国人観光客も来店するような店舗の場合は、確実にカード決済可能か載せるようにします。

財布に入るようなメニュー設置

お客様は、他のメニューも知りたい。

立て看板にメニューをすべて載せることはできません。

チラシだとなかなか持ち帰ってくれませんが、財布に入るような小さなメニューがあれば持ち帰ってもらえる可能性は大きいです。

また、次回来店時のきっかけにもなりますので、是非設置したいところです。

まとめ

立て看板は広告です。立て看板を少しの修正だけで、「集客が増えた!」「売上が上がった!」とお声をいただいています。

これは、ランチ時間だけではなく、ディナー時間、カフェとして利用可能ならば15時などの時間帯にも利用できますので、時間ごとに戦略を立てて記載することが重要です。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
「いいね!」
お願いします!!

HaLPosT最新情報をお届けします

Twitterで【HaLPosT】をフォローしよう!



halpost-abater
仕事上のことをメインにその他、WEBツール、自分のメモ、WordPressの記事を主に書いているブログです。

1977年神奈川生まれで東京育ちですが、特に転勤族ではなかったのですが、父親が破天荒な人wでしたので青森、神奈川と過ごした期間もあります。
約10年間会社員として働き、その後フリーランスとして活動しています。
フリーランスとして、最初はWEBコンサルティング中心に活動していましたが、いろいろな方と接する機会が増え、ご紹介などでWEBコンサルティングだけではなく、経営全体のコンサルティングまで活動範囲が広がりました。
WEBコンサルタント、経営コンサルタントとしては飲食、不動産、マッサージ、ナイトワーク、ホテル、宿、バーなどに関わらせてもらい、個人では営業マン、ブログ運営、ネットショップ運営にも関わらせてもらいました。
WEBでの相談で依頼者皆様、ネット広告専門業者に頼んだのは良いが、WEBは商売全体に関わることが多いので、ネット広告一つ始めるでもネット広告専門業者だけではうまく行かないというご相談を受けます。

HaLPosTでは、経営全体をWEBと共に考えながらコンサルティング致します!

【お仕事のご依頼はこちらからどうぞ!】

フォローする:


スポンサーリンク