HPやブログでお困りの方はお気軽にご相談ください

メニューボードの見直しだけで集客を増やして売上を上げる方法

仕事
この記事は約4分で読めます。

街中にあるメニューボード。テキストだけ書いてあるのをよく見かけます。テキストを見るために立ち止まる人は少数です。

路面店ならすぐにメニューや場所の確認ができますが、1本入った路地裏や2階の店舗までわざわざ行きたくなるメニューボードはなかなか見かけません。

今回は、少しのメニューボードの修正で集客、売上を上げる方法です。

スポンサーリンク

メニューボードを見直して集客を増やし売上を上げる方法

メニューボードは基本的に歩きながら目にするものです。できる限りお客様が立ち止まるようなメニューボードでないと意味がありません。

  • 店内、商品の写真
  • 料金の記載
  • 場所の記載
  • QRコード貼り付け
  • 可能決済方法の記載
  • 財布に入るようなメニュー設置

シンプルに、見やすく、立ち止まるようなメニューボードを作成することが大事です。

店内、商品の写真を載せる

店内の雰囲気が分かる写真、商品の写真を載せるだけでその店の雰囲気やどんな商品があるか分かります。写真があると入りやすいのが人の心情です。

やってはいけないのは飲食店でその店のオリジナル商品名だと思いますが、テキストだけで中華なのか和食なのかイタリアンなのかも分からない書き方をしているのを見かけます。入店しないと分からないではメニューボードを出しても意味がありません。

料金の記載

入店前のお客様はお店に入店する前にどのくらいの金額の商品があるのかが気になります。よってメニューボードには売れ筋商品でも人気商品でもランキングでも料金を載せるのは大事です。商品名だけや写真だけではなかなか入店にまでいきません。

しかし、あまり多くのことを記載してもあくまで基本は歩きながら見るものだということを忘れずに絞って記載することが大事です。

場所の記載

路面店ではないお店でちょっと離れた場所にメニューボードを設置している場合、意外に書き忘れているのが詳細な場所の記載です。せっかく分かりやすいメニューボードを作成してわざわざ立ち止まってくれたのに、お店がどこにあるのか分からなく立ち去ってしまうと意味がなくなりますので、できる限り詳細に書くとよいです。「この路地を入って左側何番目の店舗徒歩20秒です」など。

QRコード貼り付け

QRコードの貼り付けによってお店のHPへ簡単にアクセスすることができます。まだ活用されていないお店が結構ありますのでおすすめです。

ポータルサイトに登録していれば、そのポータルサイトへアクセスできるようにQRコードを作成してもよいですし、現在あるホームページにメニューだけが載っているページを作成して高速に表示させるのもよいです。ホームページがない場合でもQRコードのためのページを1ページだけ作成してもよいかと思います。

可能決済方法の記載

今の時代、カードしか持たない人もおりカード決済できない店舗だと入れません。

もしカード決済できるのにメニューボードに載せていない場合は、できないと判断してしまう場合がありますので、カード決済可能な場合は必ず載せるようにします。その逆もトラブル防止の為記載して置いた方がよいでしょう。

また、外国人観光客も来店するような店舗の場合は、日本語が分かりませんので決済可能なカードの種類を画像で載せるようにします。海外の方は視覚で判断することが多いです。歩きながら見るということを考えるともちろん日本人にも言えます。

財布に入るようなメニュー設置

チラシだとなかなか持ち帰ってくれませんが、財布に入るようなカードタイプの小さな商品メニュー表があれば持ち帰ってもらえる可能性は大きいです。
メニューボードに取りやすいように配置しておけば、今回は入店されなくても持ち帰った方は興味があって持ち帰ったのであって次回の入店を期待できます。

毎日必ず枚数計算することは大事です。開店時に100枚、閉店時残り70枚として30枚持ち帰ったことはかなり大きいことです。

カードタイプはそんなに費用をかけなくても名刺と同じような金額で作成できます。

スポンサーリンク

メニューボードのタイプは大きく分けて2種類ある

メニューボードは書き換え変更可能なタイプとポスターのように書き換えができないタイプがあります。

書き換え可能タイプ

書き換えタイプは毎日の買い替えが必要ですがそのお店がどこにあるかが大事で、お店の前を通る人はだいたい同じ(ビジネスエリア)ならば書き換えタイプがよいかと思います。

書き換えができないタイプ

書き換えができないタイプは観光地などでよく使われますが、毎度お店の前を通る人が変わる場合に有効です。できれば昼と夜ぐらいは別々のポスターを貼ってもよいかと思います。

スポンサーリンク

まとめ

メニューボードは一種の広告です。メニューボードを少しの修正だけで「集客が増えた!」「売上が上がった!」とお声をいただいています。

今回のことは、飲食店だけではなくメニューボードを置いているすべての業界が対象です。意外にちゃんと作れば集客はできる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました