インターネット(Twitter、Facebook、mixiなど)上に個人情報や画像、写真をアップロードするということは一生消えないし、また全世界に公開したようなものである

socia_lmedia

Twitterとかながめていると、平気で炎上しそうな写真をアップロードしている投稿があります。結構若い方が多いように思えます。そこで、ネット上にアップロードするということはどういうことなのか!?を考えてみたいと思います。


ネット上に個人情報や画像、写真をアップロードするということは一生消えないし、また全世界に公開したようなものである

一時期Twitterに悪ふざけしている写真をアップロードして炎上騒ぎになり、テレビでも報道されていました。その後も、テレビでは報道されてない炎上騒ぎはいくつもあります。

このような悪ふざけがネットにとどまらずテレビでも放送されてしまったので、これから就職などされる方は間違いなく企業は名前検索はするでしょう。そして名前検索をしたら取りあえずFacebookを本名でやっていれば上位に検索結果が出ると思います。他のSNSでも本名でやっていればもちろん上位に出るでしょう。

そこで身バレしないようにもう一つTwitterアカウントを作ってやっていればまだ救いがあるのですが、なぜかそのような方はTwitterで詳細にプロフィールを公開している方が多いので、すぐに身元を特定されてしまいます。

そして詳細なプロフィールと共にひどい場合はコラ画像を作られて一生ネット上に残るということになります。


❚ ネット上にアップロードした時点で

ネット上にアップロードした時点で画像の内容や投稿したサービスにもよりますが、ほぼ一生ネット上に残ると考えていいと思います。それは公開限定にしても同じと考えていいでしょう。

公開限定にしても、その限られた人しか見ることができませんがその限られた人がその画像をスマホなどで保存してLINEなどで知り合いに送り、そのLINEで画像を受け取った人がTwitterでその画像を投稿をしたと考えたら公開限定でも全公開でも画像をアップロードした時点で同じことが言えると思います。

悪ふざけではない普通の画像だとしてもなんとなく気になれば、簡単にスマホで保存できますので誰が持っているのか分かりません。


よって、今の時代簡単に画像を共有できる仕組みがあるので投稿する画像はよく考えてからアップロードした方がいいと思います。


❚ Twitterの利用規約

Twitterのサービス利用規約を見てみましょう。


1.基本条件
ヒント:Twitter上の発言は瞬時に世界中で閲覧可能となります。ツイート(発言)の責任はユーザーにあります!

これがTwitterの考え方ですが、考えてみれば当たり前のことです。


5.ユーザーの権利
ユーザーは、本サービス上にまたは本サービスを介して、自ら送信、投稿、または表示するあらゆるコンテンツに対する権利を留保するものとします。

となっていますが、続いて

ユーザーは、本サービス上にまたは本サービスを介してコンテンツを送信、投稿、表示することをもって、媒体または配布方法(既知のまたは今後開発されるもの)を問わず、かかるコンテンツを使用、コピー、複製、処理、改変、修正、公表、送信、表示および配布するための、世界的な非排他的ライセンスを(サブライセンスを許諾する権利と共に)当社に対して無償で許諾するものとします。

なにされても文句言わないでねって感じですかね。

参考:Twitter/サービス利用規約


このように、どこのSNSも基本は同じ考え方です。ネット上にアップロードした個人情報や画像、写真は自己責任です。

個人的にはSNSは一切やっていません

これは、SNSをやっている方には考えられないかもしれませんが特に画像をアップロードしてプロフィールなどを公開することに対して悲観的に考えていると理由でやっていないというわけではありません。もともと、こういったサービスに興味がないだけです。

ブログをやっているので更新情報だけのためにSNSをやっているというか活用している感じです。


❚ ブログでの画像アップロードに関して

ブログでの自分が撮った写真をアップロードするときには、特に観光地などで他人が写っている場合個人特定を防ぐためにモザイク処理は必ずするようにしています。

これは、知らない方が写っていてもしその画像が何かの拍子で拡散されたりしてその写真に写っている方から訴えられても困りますよね!?よってTwitterなどでは特に気をつけなければならないと言うことになります。

また自分は、LINEでもニックネームで登録していますし検索されないように設定もしています。ここまでするか!?と思われますが、別にこれも意識してやっているわけではなく自分の年代(30代)はネット上に本名など載せることに抵抗がある年代!?ではないかと思います。Facebookでかなり緩和された感じはしますが…。

まとめ

目的があって本名を載せるのはいいと思います。Facebookなんかはまさにそうですよね。

Twitterは拡散力がかなりあるため目的がない限り個人情報を載せるのは控えた方がいいと思います。



なんとなくですが、Facebookを見てると本名を載せると良い事しか書けなくてどうなのかな?と自分では思っています。だから自分はブログの方が性に合うんですかね。



photo credit: ePublicist via photopin cc

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です