民間車検と比べると、車検の費用が高いイメージがあるカーディーラーで自動車車検を安く通す、費用を抑える方法

nissan

民間車検場と比べると車検を通すのに比較的費用がかかってしまうディーラーでの車検。少しの知識と少しの妥協で費用を安くすることが出来ます。


ディーラーで自動車車検を安く受ける方法

【車検点検には基本的に2種類ある】:

ディーラーによって違いがありますが、車検整備には大きく分けて2種類(ディーラーによっては1つしかない場合もある)あります。点検のみの基本点検コースと各調整、給油(ブレーキ調整、ブレーキの給油など)などがセットになった点検・整備コースがあります。
私達お客には点検・整備コースで見積もりが提示されることと思います。ディーラーとしては、基本点検コースで特にブレーキから異音が鳴ってしまったら人によると思いますが、クレームになることがある。また次回の点検までは何もトラブル無く乗って貰いたいと思っていますので、この点検・整備コースをすすめるのは当たり前のことです。
しかし、年間走行距離が少ないとか、定期点検をちゃんと受けている場合は基本点検コースで良いかもしれません。


【部品によっては種類がある】:

簡単に言うと部品にはグレードがあると言うことです。もちろん値段が違います。

考えられるものとしては
  • エンジンオイル
  • LLC
  • 撥水ウィンドウ
  • エアコンフィルター
  • バッテリー
などです。

見積もりを提示されたらその部品に種類があるのか聞いて、納得がいけばグレードを落とすのも良いかもしれません。


【エンジンなどの大きな部品はリビルト品や中古部品で対応する】:

エンジンやミッションなどはリビルト品や中古部品があります。新品にすると多大な金額になってしまうので、中古で納得がいく場合はリビルト品や中古部品でも良いかもしれません。


【車検に通らないものだけを交換する】:

見積もりが出たら詳しく担当者に記載されている部品のことを聞いてみましょう。その中で自分が必要だと思う部品を交換するのも良いと思います。言われるがまま汚れているから交換ではなくて、車検に通るか通らないかです。汚れているならそれは車検の時に必ずやらなければいけないと言うことはありません。あとでも交換は出来ますので…。



いかがだったでしょうか!? 今は整備士がフロント業務をこなしているところもあり、結構交渉が出来るようになりました。正直フロントマンの方より交渉がしやすいですね!!



交渉によっては下廻り洗浄を外してくれると場合もあります。特に汚れていなければ洗浄は必要ないでしょう。洗浄しなければ車検に通らないこと言うことはありません。
ちなみに、今回のHaLPosTの車検費用は見積時は226,069円でしたが、交渉やグレードを下げたことにより130,000円ジャストで済みました。

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です