【AVABEL(アヴァベル)日記】ローグ新上位職「クラウン」のおすすめスキル分岐、引き継ぎを考えてみる

IMG00077

ご無沙汰しておりました。久々の投稿ですw無事にテーマ変更とある程度の修正が終わりましたので、また今日からアヴァベル日記を開始したいと思っています。

今回は、ローグ新上位職「クラウン」のおすすめスキル分岐、引き継ぎを考えてみたいと思います。

無事に2周年アップデート初日にクラウンに転職

転職の素材が気になっていましたが、一応6個進化の脈石を確保しておいたので無事にローグ新上位職「クラウン」とサブのクリエイター新上位職「バトルフォース」に転職することが出来ました。

現在すべてのスキル(パッシブ以外)はレベル5で止めて、パッシブはレベル10にしています。もう少し、様子を見てから分岐に着手しようと思っています。

ローグ新上位職「クラウン」のスキル

今回は奥義がなく4つだけになります。
  • ジャックインザボックス
  • テラーハンド
  • ブラッドチェイス
  • 道化の微笑(パッシブ)
となります。

ジャックインザボックス

びっくり箱を投げつける遠距離攻撃スキル。稀に状態異常を引き起こす。
  • 威力を高めた火力タイプA
  • 状態異常の確率を上昇させたタイプB
  • クールタイムを減らした連続使用タイプC
タイプBだとライデンのときを思い出すと、正直同じ程度ならば期待は出来ません。よって現在のところタイプAにすると思います。

テラーハンド

自身の周囲に恐怖のフィールドを発生させる。周囲の敵の移動速度を低下させるが、代償に自身のMDEFが低下する。
  • 範囲を拡大したタイプA
  • 速度低下を上昇させたタイプB
  • 自身のMDEF減少を抑えたタイプC
自分はDEF特化防具ですのでGVGでは使えません。よってタイマンのときを想定して考えてみますと、範囲に入ったらダメージも与えられますのでタイプAにすると思います。

ブラッドチェイス

2刀流専用スキル。素早い動きで敵を追跡しながら斬りつける攻撃スキル
  • 威力に特化したタイプA
  • クールタイムを減少させたタイプB
  • 消費SPが多くなるが威力とクールタイムをバランスよく向上させたタイプC
クールタイム待ちのときはオーバーライドやキルドライブがありますし、特に連打するわけではないのでタイプAにするかなと思います。

道化の微笑

クラウンとしての心得を学び、基本ステータスを底上げする。

これはレベル10にした結果、S+4とD+6となりました。

引き継ぎスキル

これは難しいですね。今のところテラーハンドかな。

ジャックインザボックスはダガー系で代用出来ますし、ブラッドチェイスもオーバーライドやキルドライブで代用出来ます。やはり今までにないスキルの登録が良いかなと思います。

しかし、テラーハンドはMDEFが下がるのでGVGのときはジャックインザボックスかブラッドチェイスに変えると思います。

またジャックインザボックスとテラーハンドのどちらかのダメージがMATK依存であれば、片手剣の方は気を付けたいところです。おそらくテラーハンドがMATK依存かな。

クラウン自己評価

全体的に期待していたよりは良いスキルはありませんでした。なんせ奥義がやはり予想していたとおりなかったので単なる引き継ぎ職でしかありません。

しかし盾持ちの方はクラウンはとても良いと思いますし、パッシブでステータスボーナスが付くような方にも良い職だと思います。

取りあえず自分は、ジョブマスしたらアサシンに復帰ですねw

次回は、クリエイター新上位職「バトルフォース」について書いていきたいと思います。こっちもガックリなんですけどねw

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です