ケータイ補償お届けサービスとプレミアクラブ安心サポートの違いは?!ケータイ補償お届けサービスは加入したほうがいいのか?!

ドコモ

ケータイ補償お届けサービスとプレミアクラブ安心サポートの違いがよく分かりません。
ケータイ補償お届けサービスは有料で、プレミアクラブ安心サポートは無料です。プレミアクラブ安心サポートに入っていれば、ケータイ補償お届けサービスいらない気もするのですが・・・
と言うことで、自分なりに納得するために調べてみました!!


ケータイ補償お届けサービスとは?!

水濡れや紛失、全損などのあらゆるトラブルを補償します。 万が一トラブルに遭われた場合は、お電話1本で、同一機種・同一カラーの携帯電話(リフレッシュ品・新品電池含む)を1~2日以内に直接お客様にお届けします。

ドコモ | ケータイ補償お届けサービス

月額利用料:
機種に応じて294円または399円(2011年2月1日以降新たに本サービスに加入した場合および2011年1月31日までに既に本サービス加入中で機種変更などにより補償対象電話機を変更した場合)
バリューコースとケータイ補償お届けサービスの双方を初めて契約した時、30日間無料

申込までの日数:
FOMA、Xi対応機種ご購入日を含め14日以内の申込が必要で、ドコモプレミアクラブの会員である必要がある。

補償回数:
年2回まで

本人負担額:
1回目:5,250円、2回目:8,400円

全損、水没機:
NTTドコモへ返送する。返送しない場合40,000円(税抜)の違約金がかかる。

申込方法:
iモード、インフォメーションセンター、ドコモショップでの申込

その他補償:
プレミアクラブ安心サポートが適用される。

継続利用特典:
2年以上同一機種で本サービスを継続して利用し、かつ機種変更を行う際、以下のドコモポイントを得ることができる。
・紛失、水没等がなく、補償を受けなかった場合:最大2,000ポイント付与
・サービスの利用があった場合:なし

Wiki | ケータイ補償お届けサービス

気になったこと:
  • 1ヶ月無料期間がある
  • 水濡れや紛失、全損などのあらゆるトラブルを補償
  • 、Xi 対応機種ご購入日を含め14日以内の申込が必要
  • ドコモプレミアクラブの会員である必要がある
  • 1回目:5,250円、2回目:8,400円、1年に2回まで
  • 届くのがリフレッシュ品であること
  • 補償の際にドコモUIM カードを再発行される場合は、カード発行手数料3,150円を別途かかる
  • 補償利用時の負担金にドコモポイントが利用可能

プレミアクラブ安心サポート

修理代金安心サポート:
購入後3年間は修理代金の上限が5,250円になる(バッテリー内蔵機種の交換代金は対象外のため全額実費)。

トラブル時購入サポート:
ケータイ補償お届けサービス非加入者が修理不能となった場合、通常の販売価格より割引(NTTドコモに販売履歴がある(正規販売店で購入した)端末に限られる)。

故障修理無料サービス:
自然故障は3年間無料で修理。

電池パック無料サービス:
同一端末を2年以上利用すると、無料で新しい電池パックか補助充電アダプタ 01が提供される。movaは2008年12月1日より対象外となった。

FOMA電池パック500ポイント交換サービス:
同一端末を1年以上2年未満利用すると、500ポイントで新しい電池パックか補助充電アダプタ 01が提供される。プレミアステージ対象者は無料。

メーカーブランド安心サービス:
プレミアクラブ安心サポートはBlackBerry8707hhTc Zなどのメーカーブランドは対象外となるが、代わりに、メーカーブランド端末あんしんサービスといった端末のサポートがある。ドコモショップの店頭ではなく、サポートセンターへ電話し、センドバック方式の保守となる。

修理代金安心サポート:
購入後3年間は修理代金の上限が5,250円になる。

無料故障修理サービス:
自然故障は3年間無料で修理。

Wiki | ドコモプレミアクラブ
ドコモ | プレミアクラブ安心サポート

気になったこと:
  • 月々無料
  • 水濡れ・全損(内部基板の変形・破損)などは対象外
  • 自然故障は3年間無料で修理。メーカー保証2年間(機種によるかもしれません)
  • 保証対象外の破損・故障時もサポート。購入後3年間は修理代金が5,250円(税込)を超える場合でも超過分は払わなくて良い。
  • バッテリー内蔵機種の交換代金は対象外のため全額実費



もともと機種を購入したらメーカー保証(おそらく2年間)があって、それになおかつ補助的なものに車でいう任意保険のプレミアクラブ安心サポートがあって、さらに有料の車両保険的なケータイ補償お届サービスがあるという位置づけに思えます。

色々考え方はあるかと思いますが、ローンが残って次の機種を買うのは月々支払いが多くなるため、自分的にはやはり分割の支払いが終わる2年間は最低入りたいと思います。車もそうですかね?!
2年後、そのスマートフォンが最大8,400円の価値があるかどうかで更新するか、または新しい機種にするかで検討したいと思います。

実際スマートフォンの場合、2年間支払いをしたら9,177円(1ヶ月無料期間があるので399×23ヶ月分)となります。
2014年11月1日以降補償を受けなかったら、機種変更の時に1,000ポイント付与されます。よって、8,177円となり1ヶ月356円の支払いで補償してくれます。でも、次の機種を買うまでは加入してないといけないのがミソですね。

最大の違いはやはり、水濡れ・全損の時の対応でしょうね。基本的にこれらは修理不可能になる可能性が大きいようです。
また、結構間違いやすいのが、保証と補償でしょうね。メーカ保証ケータイ補償お届サービスは別物ですね。

ちなみに前のSO-01Bの時、貰い物であったにもかかわらず、メーカー保証が2年以内だったので保証適用箇所ならば修理してくれるようでした。その時の原因は電池不良でしたけど・・・。

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です