パソコンが重い…PCのメモリーを交換してみたら意外と簡単にできた!!

PCメモリー

ブログの更新もメモリーが512Mだとかなり苦痛で、記事の内容によりますが、ひとつの記事に対して1時間以上かかってしまいます。
そこで、立ち上がりも10分以上かかり、Chromeすら動かせない状況でしたので、我慢も限界にきまして素人ですが、メモリーの交換をしてみました。
意外にに簡単に出来ました。もっと早くやっておけばよかったと後悔しています。(涙)

私のパソコンのスペック

FUJITSU(富士通) 2006年04月11日 発表
FMV-DESKPOWER CE   CE40S7 FMVCE40S7
  • 搭載メモリー: 標準  512 MB  (最大  2048 MB)
  • メモリースロット: 全スロット数  2  /  空きスロット数  0  /  増設単位  2
  • 搭載HDD容量: 250GB
  • プロセッサー: AMD Sempron 3500+ 2000 MHz
  • 搭載OS: Windows XP Home Edition SP2
初めて買ったパソコンで、いまだに頑張って使ってます!!

今回実施した内容

今回は、256M×21G×2にしました。
パソコンによって、交換方法は違いますのでここは省略しますが、私の場合はネジ2本外しただけで交換できました!!簡単過ぎる・・・。

メモリーを交換するに当たりBUFFALO のサイトを参考にしました。
ここで、メモリーをクリックして、型番とかメーカー名など記載すれば対応メモリーの結果を出してくれます。
しかも、パソコンによってはメーカー最大のメモリーを超えて、ここまでいけます的!!なことまで紹介されています。
私の場合は、メーカー最大値そのものでした。少し残念ですね。




今回、交換してみてこんなにもパソコンって早くなるんだとびっくりしました。ブログの更新もラクラクでかなり嬉しいです。もしパソコンが遅くて買い換える予定の方は一度試してみるのも良いかもしれません。

amazon で値段をある程度調べて家電量販店に買いに行きました。2つ必要だったんですが、なんと1つ8,000円も差がありました。
今回はじめてメモリを買うので、店員さんにも確認して欲しくて少しぐらい高くても購入しようとは思っていましたがここまで差があるとは思わなかったですね。
1つ5,000円にはなりましたが、それでも倍以上ということで、店員さんもamazon サイトを確認したようで、「ぶっちゃけamazon の方で買ったほうがいいですよ!!」とおっしゃってました。あとはここまで差があったのにびっくりしたのか、上司に今回のことを報告するようです。(笑)
amazon には業務用?!なのか梱包が正規販売しているものと違うものがあって、それが異様に安かったです。

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です