チップを渡す習慣がある国のチップの重要性が分かるYouTube動画

tipgazou

チップってそんなに重要なのか!?日本に住んでいたらあまり渡すことがないチップ。海外ではやはりチップは重要なんですね~~。


チップを渡す習慣がある国のチップの重要性が分かるYouTube動画


金額が金額ですからそれは喜ぶと思いますが、純粋に喜んでますね。老若男女に渡して実験なんでしょうか!?動画アップロード者に好感が持てますね。


【どのくらいチップを渡せばいいのか!?国によって少し変わる】:

そこで少し調べてみたのですが、どのくらいチップを渡せばいいのか!?国によって少し変わるようですね。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%83%83%E3%83%97_(%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%93%E3%82%B9)

よく巷で言われるのが、10%~20%なんて言われてますが、結構細かく分類されているんですね。


【海外ではチップは給料の一部】:

アメリカに代表される地域では、サービス業のチップは労働報酬の一部とみなされ、給与システムに組み込まれています。すなわち、チップを給与の一部として位置づけ、サービスを受ける人(客)が支払うというシステムになっているのです。この意味においてチップには、ある程度の義務が伴います。同時にサービスに対する満足度によって金額が変化するという「心づけ」的な側面も存在すると云えます。

http://www.compass-j.com/sp48.html
海外旅行の羅針盤|海外ツアー 入門 準備 情報 検索 ガイド/チップの習慣 *

給料の一部とみなされているわけですから、基本の時給は低く設定してるんでしょうね。


【こんな渡し方も!!】:

http://rocketnews24.com/2013/06/21/341931/

お金で遊んでいる感じがしますけど、日本でやったらたとえもらってもバカにされているように受け止められるかもしれませんねwww



各国のチップの情報はJALのホームページでも見れます。

http://www.jal.co.jp/tabi/info/toshi/

現地に行く前には一度は目を通しておきたいところですね。

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です