通信費払いすぎていませんか?!~自分に合う通信契約を見直して節約しよう~

節約

端末を買う方法として、通信の契約をしたら端末が安くなると言うことで、端末ごとに複数の通信の契約していませんか?!
端末単体でいつでもどこでも使いたい方はしょうがないですが、毎月の通信費を払ったらその端末代超えませんか?!今回は自分が考えた節約方法を書いていきます。

考えられる通信契約のパターン

考えられるパターンとして
  • ポケットWi-Fi のみで運用
  • ポケットWi-Fi + 自宅の通信契約で運用
  • スマートフォンの通信契約 + 自宅の通信契約で運用
  • スマートフォンの通信契約のみで運用
家でも、外でもインターネットをする方前提でお話していきますのでご了承ください。また持っている端末はスマートフォン、タブレット、パソコンとしています。
3405811164_d49a982c6e_b_mini

パターン1【ポケットWi-Fi のみで運用】:

これは、スマートフォンなど縛りの契約の時期にもよるとは思いますが、自宅でのパソコンや外でのスマートフォン、タブレットをポケットWi-Fi に統一するということですね。月々の支払いが1つだけですので通信費が4パターンの中でいちばん安いです。

不安材料

  • 常に端末とポケットWi-Fi をON にしなければならないので、充電が無くなるのが早い。
  • ポケットWi-Fi の充電時間により外で通信が出来なくなる
  • 外に持っていったとき自宅で使えなくなる(同居人がいる場合はその間は使えない)
  • ポケットWi-Fi の通信範囲でしか運用できない
  • ポケットWi-Fi を常に持ち歩かなければならないためかさばる
一人暮らしの方や縛りがない方が対象になると思います。でも一番節約できるので理想はポケットWi-Fi のみで運用ですね。


パターン2【ポケットWi-Fi + 自宅の通信契約で運用】:

外ではポケットWi-Fi で、自宅では自宅でひいている回線でインターネットをするということですね。契約にもよりますが、基本的にスマートフォンの通信契約よりポケットWi-Fi 契約のほうが月々が安い。

不安材料

  • 外では常に端末とポケットWi-Fi をON にしなければならないので、充電が無くなるのが早い
  • ポケットWi-Fi の通信範囲でしか運用できない
  • ポケットWi-Fi を常に持ち歩かなければならないためかさばる
外でそんなにネットをしないのであれば、電池も十分持つかなと思います。


パターン3【スマートフォンの通信契約 + 自宅の通信契約で運用】:

外ではスマートフォンのテザリングで他の端末をインターネットにつなげて、家では家の通信でインターネットにつなげる。これが世の中で一番運用されている方法ではないでしょうか?!HaLPosT もこのパターンですね。自宅でも外でも安定してインターネットができるのがいい感じです。

不安材料

  • 外で他の端末でインターネットするときは、テザリングをしなければならないので、スマートフォンの契約によっては追加料金がかかるまたは通信制限がある
落ち着くところはやはりこのパターンになるんでしょうね。


パターン4【スマートフォンの通信契約のみで運用】:

パソコンもタブレットもすべての端末をスマートフォンのテザリングのみで運用するということですね。非現実的な感じですが、LTE ならば結構いけるんじゃないかなと思っています。

不安材料

  • LTE は、通信量の制限があるので気にしながらの運用となる
  • 契約によってはテザリングは追加料金が発生する
  • 外では常に端末とポケットWi-Fi をON にしなければならないので、充電が無くなるのが早い。
もし、HaLPosT がブログを運用していなくて、ネットをそんなにやらなければおそらくこれでいくでしょうね。




端末が安くなると言って、端末ごとに通信の契約してるのは非常にもったいないと思います。違約金 + 端末代にもよりますが、縛りの期間までにかかる費用と運用したい上記のパターンで比べて計算してみたほうがいいかもしれません。結構な差が出る場合がありますので…。

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です