Kindle Fire HD でクラウドサービスを使って、スマートフォンとパソコンにある写真を見るまたは共有する方法

cloud

新しいスマートフォンでもHDMI 端子が付いているのも出てきていますが、普段家ではKindle Fire HD をメインに使っている方が多いと思います。
今回は、スマートフォンとパソコンにある写真データーをKindle Fire HD で見るまたは共有する方法を紹介していきます。

クラウドサービスを使って写真を共有する

共有するということは、スマートフォンからパソコンで保存してある写真を見たり、スマートフォンで撮った写真をパソコンで見るのも、もちろん出来るようになります。
簡単に言うと、クラウドサービスをしている会社にスマートフォン、パソコンの写真を預けて、そこにアクセスすれば見れるということですね。

有名どころのクラウドサービス会社

【Amazon Cloud Drive Photos】:

Amazon Cloud Drive Photos5GB まで無料で写真をアップロード出来ます。Kindle Fire HD は一番上のメニューに「写真」とあるのがamazon cloud drive のことですので特にインストールする必要はありません。

Google play | Amazon Cloud Drive Photos
アンドロイドスマートフォン、タブレットを持っている方はAmazon Cloud Drive Photos をインストールしてください。

amazon | amazon cloud drive
パソコンはリンク先の「デスクトップアプリをインストールする>」をクリックしてください。ダウンロードがはじまります。

【Amazon Cloud Drive の使い方】Kindle Fire HD でスマートフォンやその他のタブレット(Amazon Cloud Drive Photos)やパソコンに保存してある画像、写真を見ように詳しく書いていますのでよろしければどうぞ

【SkyDrive】:

SkyDriveマイクロソフト(ウィンドウズ作っている会社ですね)が提供しているサービスです。容量は7GB で、しかもストリーミングに対応しています。簡単に言うと動画を見るときにアクセスしたらその度にダウンロードしてから再生するわけではなく、クラウド上に保存してあるものをダウンロードせずに再生することが出来ます。よってKindle Fire HD のストレージ容量は気にしなくていいということですね。
SkyDrive は有名なクラウドサービスでは容量が一番多いので主に動画を保存しています。

Google play | SkyDrive
アンドロイドスマートフォン、タブレットを持っている方はSkyDrive をインストールしてください。

SkyDrive | Windows 用 SkyDrive デスクトップ アプリ
パソコンはリンク先をクリックして「いますぐダウンロード」をクリックしてください。ダウンロードがはじまります。
Windows XP には対応していません。ですが、非公式のソフトになりますがこちらでダウンロード出来ます。

【Dropbox】:

dropboxおそらく一番有名ではないでしょうか?!2GB と容量は少なめですが、友達を紹介したらそれぞれに500MB の容量がプレゼントされ、最大16GB まで増やすことができます。
あとはスマートフォンとの連携(写真を撮ったら自動でDropbox にアップロードしてくれます。)や使いやすさにも定評がありますね。自分もこれが一番好きなクラウドサービスです。

Dropbox | モバイル版 Dropbox
持っているモバイル版をクリックしてください。

Dropbox | Dropbox のダウンロード
パソコンはリンク先の「無料ダウンロード」をクリックしてください。ダウンロードがはじまります。




いかがだったでしょうか?!これでHDMI 端子でテレビにつなげて見れますね。スマートフォンで撮った動画なんかも見れて大変便利です。
他にもGoogle ドライブなんかもありますが、Kindle Fire HD では動かないので今回は外しました。このようなクラウドサービスはたくさんありますが、アプリがあること、ストリーミングが出来ることが重要になってくると思います。いまのところこれで用は足りていますが、容量が足りなくなったらまたなにか探そうかなと思っています。

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です