CUP NOODLE(カップヌードル)の廉価版SOUP NOODLE(スープヌードル)にカレー味があった!!そしてキムチ味も!!

soupnoodle_kimuchi_kare-

お財布にやさしいスープヌードル。スーパーで見るのはいつも醤油味とシーフード味しかなかったのですが、つい最近カレー味もあったのでびっくりした。売れすぎて在庫がなく、なかなか仕入れできないのかな!?なんて思っています。

今回はスープヌードルとはいったいなんなのか!?を調べてみました。


スープヌードルとは!?

はじめて見たときはどこかの会社がパックたのかな!?と思いましたがよくよく調べたらちゃんと日清食品が製造している製品でしたwww


❚ スープヌードル概要

Wikipediaでは

「カップヌードル」の廉価版として日清食品が2006年3月20日から日本全国で発売しているカップ麺の名称。日清食品が、日本の社会環境や生活構造の変化から、カップ麺の愛用者の拡大のために、低価格のカップ麺として発売。

結構つい最近の話なんですね。もっと昔からあるのかと思いました。


レギュラー(しょうゆ味)、カレー味、シーフード味の3種類で、パッケージデザインはロゴが「SOUP NOODLE」と表記されている以外、「カップヌードル」と全く同じである。麺の重量は50グラム(発売当初は55グラム)と、カップヌードル(77グラム)より少ない。具材の量は、カップヌードル・ミニと同じ量(後発のスープヌードル キムチを除く)。必要なお湯の量はカップヌードルの300mlに対しスープヌードルは320mlで多い。レギュラーの肉もカップヌードルはコロチャーに対してスープヌードルは旧来のダイスミンチである。

麺が少なく具材の量は同じとのことですが、なんとなくですが具材も少ないように思うのは気のせいか…。肉のせいかな!?

というか、キムチ味もあるのか!!


参考:Wikipedia/カップヌードル


スープヌードルカレー味詳細

スープヌードルキムチ味詳細


❚ 日清食品のQ&Aにスープヌードルに関しての質問がありました

Q.ご質問
「カップヌードル」と「スープヌードル」の違いについて教えてください。

A.回答
「スープヌードル」は、2006年3月より「バリューカップ 」シリーズとして、販売しています。
バリューカップシリーズは、経済環境や人口動態など、社会構造が大きく変化している中、この変化に対応し、
新たな付加価値を吹き込む商品として、加えて、価値と価格のバランスのとれた商品としてご愛顧いただいて
おります。より多くの皆様に、より多くの食シーンで「カップヌードル」の味をお楽しみいただけるよう、
「カップヌードル」をスープ感覚にした商品が「スープヌードル」です。 お弁当と「スープヌードル」といったように、
スープ感覚で楽しんでいただくため、めん重量を50g(カップヌードルは65g)にし、具材を小ぶりにしながらも、
「カップヌードル」らしさを再現しております。

また、中身が「カップヌードル」の味であること、そしてスープを楽しんで頂く商品であることを出来るだけ明確に
お伝えできるようにと、このパッケージデザインを採用致しております。

「スープヌードル」は、基本的に「カップヌードル」の味を再現しておりますが、めんや具材の量の違いから、
スープの味わいに違いを感じることがございます。

具材はカップヌードルとは違い小ぶりとのこと。麺と具材はやはりカップヌードルと比べて量の違いがあるようです。


参考:日清食品/よくお寄せいただくご質問






友人にスープヌードルにカレー味があることにびっくりした話をしたら「そんなの知ってるよ」と言われましたwww

なんか自分だけ!?知らなかったのは…。

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です