大雪対策!! 雪道でタイヤがはまらないようにうまく運転する方法

snow-road

今回の大雪(2/7~9、14~15)は運転していましたか!?自分はその日運転していましたwww そこで今回は雪道でタイヤが雪にはまらないようにうまく運転する方法です。


雪道でタイヤが雪にはまらないようにうまく運転する方法

自分はよく雪が降るところに住んでいるわけではないですが、スノボーには行きますし、田舎が青森、友人が雪が降るところに住んでいて運転のコツを伝授してもらい雪道での運転は慣れている!?のでちょっとやそっとじゃ雪にはまることはないです。

しかし、今回の雪でよく雪にはまってタイヤが空転していたり、車が真横向いている光景を目にしました。ほとんどはこれから説明することを実践していれば起きなかったかもしれません。


❚ 雪道での動き出し

普段通りにアクセルを踏むとスタットレス、チェーンを巻いていてもタイヤは空転する可能性が大きいです。

止まってからまた動き始めるときは雪にタイヤをかませるようにアクセルを踏むことが大事です。クリープ現象のようなゆっくりした速度で確実にタイヤを雪にかませてからアクセルを徐々に踏んで下さい。

これが結構癖!?でいつも通りにアクセルを踏んでしまってタイヤがはまり空転している人を見かけます。空転すればするほど雪に穴を開けてどんどんタイヤが埋まってしまい、車を押してもなかなか抜け出せなくなりますので要注意です。


❚ 止まるときはエンジンブレーキを多用する

普段通りにブレーキを踏むとタイヤが滑る可能性が大きいです。止まるときは車間距離を意識して早めにエンジンブレーキからブレーキを始める意識をしましょう。

よくあるパターンとして、車間距離をいつも通りに取っていてブレーキも普段通りの強さで踏んで前の車に追突することが多いです。

オートマだと普段エンジンブレーキは使わない方は多いと思いますが、雪の日は必須です。自分は普段からエンジンブレーキは使っています。


❚ 止まるときは発進しやすいところで停止する

前が詰まったり信号などで止まるときは、氷がないところで停止するのが雪にはまらないコツです。氷はスタットレスでもチェーンでもどうしようもないので、日が当たっている、雪が乗っている場所に止まった方がよいです。意識するだけでも全然違います。

そのとき無理に前の車に詰めて氷の上に止まってタイヤを空転させては元も子もないので、前の車との距離が離れてても後ろにいる車が気になるとは思いますが、スタートしやすいところで止まるのが大事です。

坂道やちょっとした坂でも登り途中で止まるなら坂の下で止まっていた方がいいです。


❚ 車を信号などで止めるときは前との距離をあけて止まる

いつ誰が雪にはまるか分かりません。雪にはまったらまずすることはバックです。よってバック出来る間隔は開けておくのが大事です。

これ結構やられてない方を多く見かけます。普段通りに車を詰めてしまうといざ前の車が雪にはまってバックすれば抜けれる、氷に乗ったとき後ろの方が抜け出せる場合って結構多いんですよね。そのときに十分な間隔がなければバックの選択はなくなるわけですから雪から抜け出せなくなり渋滞が発生してしまいます。このパターンほんと多いです。

スキーなど雪がよく降る場所に行く機会があったら車と車の間隔を見てみて下さい。現地の方はそうなる場合があると分かっているのでちゃんと間隔をあけています。


❚ 交差点での右折、左折やUターンなど雪が積もっているところでは惰性を使う

直進でもそうなんですが、ハンドルを切って雪がよく積もっている交差点などを曲がる場合、あまりアクセルを踏み込まないほうがいいです。

雪が積もっている場所に突っ込むわけですから余計にアクセルを踏みたくなりますが、なるべくアクセルを踏まないで惰性で侵入して、ハンドルを戻そうとするときぐらいからアクセルを徐々に踏んでいくのが理想です。

ハンドルを切った場合大きな負荷になりアクセルを踏むとさらなる負荷で雪にはまる場合が多いです。


❚ メイン通りから1本裏の通りに行く場合

車道中央の積雪がバンパーより低いか確認してから侵入したほうがいいです。特に車高が低い車両は特に気をつけたいところです。

バンパーより高い積雪に突っ込んだ場合、自分の車が除雪車になり最悪バンパーがもげます。結構やわらかい雪だと気付かないでそのまま突き進んでしまう場合があるので確認は大事です。

タイヤチェーン脱着は自分で出来るようにする

雪が降ってからでは遅いです。普段の日から練習しておくことが大事です。雪の中ではじめて装着するのはかなり大変です。

練習しておきましょう! JAFが教えるタイヤチェーンの付け方


高速の距離が長いトンネル(関越トンネルなど)ではトンネル内ではチェーンを外さなければいけない場合があります。

お願いしたいこと

❚ 前の車が遅いからと煽らない

東京には雪道に慣れてない人は多くいます。たまに見かけますがというかよく見かけますが、前の車を煽って車線変更させて車道中央の雪に乗り上げて停止。そして渋滞…。

東京は一般道の除雪はほとんどされません。車道中央はバンパーギリギリまで積雪があります。よって車線変更ですら大変です。急ぐなら自分が車線変更して追い抜きして下さい。1車線ならあきらめてください。


❚ 詰めて止まらない

ゆっくり走っていてイライラするのは分かります。普段でも遭遇しないような詰め方をする人いるんですよね。リヤアンダーミラー見るとびっくりします。雪道慣れてない素人なんだなと思われますよ!?

番外編

❚ タイヤから異音がするその1

なんらかの故障なら修理しなければどうしようもないですが、ホイールカバーを付けているならタイヤとカバーの間に雪が固まって氷になっているかもしれません。1度ホイールカバーを外して氷のかたまりがあるかチェックしてみましょう。


❚ タイヤから異音がするその2

ホイールの裏側になりますが、ブレーキに当たって音が鳴っている場合もあります。ホイールの前の穴から割り箸などで氷を細かく砕いて取り除きましょう。



いかがだったでしょうか!? これだけですが意識すればタイヤがはまって大変な目にあうことは減ると思います。意識は大事です。

2/19の予報も雪…。どのくらい降るんだろう(;・∀・)



photo credit: wili_hybrid via photopin cc

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です