ほんとにこんな人いるの?!セルフガソリンスタンドで絶対にやってはいけないこと

gas_station

つい最近、セルフガソリンスタンドで店長をやっている友人と飲む機会があって、結構衝撃的な話が聞けたので忘れないうちに書いていきます。

みなさんはセルフスタンド派ですか?!

HaLPosT はセルフ派ですね!!週一でセルフに給油しに行きます。1,000円分とかケチって入れたいときに気楽な感じで給油できるのがいいですよねwww

これから書くようなことは何点か遭遇したことがありますが、本当に?!ってのもありますwww まぁ~いろいろな人がいるんですね。

ちなみに、学生の頃フルスタンドではありますが、アルバイトをしていた経験があります。
フルスタンドとは従来からある給油もしてくれて、窓も拭いてくれて、ゴミも処理してくれるスタンドですね。

セルフスタンドの種類

まず、セルフスタンドの定義として給油、精算、タイヤの空気圧の調整などすべて自分自身で行うということがあげられます。

もちろん窓拭きもありません。タオルの貸し出しもありません。そうでないとフルスタンドよりガソリンは安くならないですよね。

地域によって全然違うと思いますが、セルフスタンドでも以下のように分けることができるんではないかと思います。


【工場併設のセルフスタンド】:

5487668625_01285405d6_b_mini 工場併設のセルフスタンドが一番多いセルフスタンドだとは思います。

給油、精算、タイヤの空気圧などすべて自分自身で行う。ゴミ箱がなく吸殻入れだけはある感じですかね。窓拭きなどタオルを貸してくれることもありません。

工場併設のところは、フィールドにスタッフがいるので分からないことがあったらいろいろ教えてくれる感じです。フィールドにスタッフがいるということは、営業活動にも力が入っていて、給油中に車検やらクレジットカード、車両部品などの営業があります。

はじめてセルフスタンドに行くにあたり、不安な方はこのタイプがいいのかなぁ~と思います。日中なら急な故障の対応もしてくれると思います。

夜中はガソリンのみの販売のため、急な故障対応はできません。また日中のような対応もできません。コーヒーショップ併設のセルフスタンドのような感じになるんだと思います。


【コーヒーショップ併設のセルフスタンド】:

8488275236_5034c1a661_b_mini コーヒーショップ併設のスタンドでは、フィールドでの営業はほとんど行いません。コーヒーショップがメインって感じですね。

基本的にわからないことがあったらインターフォンで教えてくれます。それでもわからなかったら来てくれると思います。

フィールドでの営業活動はほとんどないため、営業してくるのがが嫌ならばコーヒーショップが併設されているところがいいでしょう。

しかし、工場が併設されていないため急な故障等には対応できないと思います。


【セミセルフスタンド】:

窓拭き、もしくはタオルを貸してくれる、ゴミ箱がある、タイヤの空気圧を調整してくれるなど、どれかひとつでも積極的に行なってくれるスタンドをセミセルフスタンドって感じですかね。

価格にしては、フルスタンドとセルフスタンドの間ぐらいでしょうか?!夜中は、やはりセルフスタンドのように日中のような対応はできないと思います。



共通している夜中の対応ができないのは、知っている人は知っていると思いますが、日中に比べスタッフが少ないのはもちろんですが、給油許可を出さないといけないからですね。

給油許可とは、みなさんがガソリンの設定が終わったら給油口にノズルを持っていきますよね?!そのときに、コントロールルームというところで、給油許可ボタンを押さないとガソリンが出ないんですね。

あれって自動ではなく手動なんですよ。だから夜中は基本的になにするにも自分自身で行わなければなりません。ちなみにこの給油許可は24時間365日行なっています。

まぁ、夜中に店員を呼んで外に出ていろいろ説明やら、空気の調整などは難しいということです。夜中に店員を呼び出すのは程々にしましょう。

日中に空気圧の調整だけはやってくれるところがあるようですが、あくまでサービスで基本はやり方は教えるというスタンスのようです。よって当たり前のように空気圧の調整を頼むのはやめましょう。空気圧の調整ぐらいはできるようにはしたいですね♪

また、夜中にバッテリーがあがったとかパンクなどはもちろん対応はできないので、そのときは最初からフルスタンドに行くのが無難です。


セルフガソリンスタンドで絶対にやってはいけないこと

3675633249_eef112eeb8_b_mini 結構、大丈夫だろうとやってしまうこともあるかもしれませんが、自分だけならまだしも周りで給油している人を巻き込む可能性があります。危険なものを扱うということを理解して、もし現在うっかり行なっている行動がありましたらぜひこの機会に見直しましょう。


【ノズルにキャップなどを挟んで自動給油のようにガソリンを入れる】:

これってたまに見かけますね。しかもどこかに行ってしまう人もいますよね。

地震とか、その場を離れたとき他人の子供がそのノズルに当たってしまって、挟んだキャップが抜けなくて下に落ちたらどうなるでしょうか?!ジャジャ漏れですよね?

フルスタンドではないので周りにすぐに処理をできる人はいません。場合によっては被害額も相当でしょう。引火したら目も当てられません。絶対にやめましょう!!


【エンジンをかけながら給油する】:

エンジンがかかっているということは、給油口から生ガスが出ているということですね。

そこに冬などによく起こる静電気が起きたらどうなるでしょう?だいたいの出火パターンがこのエンジンをかけながらの給油のようです。冬など寒いときにはよく見かける光景なので必ずエンジンをとめましょう!!


【タバコを吸いながら入店】:

ガソリンレーンに着くまでタバコ吸っているパターンです。これうっかりやってしまう人もいるとは思います。

しかしフィールドの地下には何千リットルというガソリンがあります。スタンドには生ガスが常時少量ながらも出ています。

もしそのときガソリンの入れ過ぎでこぼしてしまっている人がいたら、通常よりも生ガスが濃い状態になっています。よって引火する可能性が車の中でさえあります。車の中だから大丈夫ということはありません。

また洗車待ちやボデーの拭き取り場所、いわゆるガソリン計器の前ではないということでタバコを吸っている人を見かけます。ガソリンスタンドの地下すべてにガソリンを貯蔵しています。ガソリンスタンドに入店するときは入店の前に必ずタバコは消しましょう。フィールド内はどこも禁煙です。


【基本的にセルフスタンドでは携行缶でさえ自ら給油することはできません】:

結構いまのセルフは、スッタフの携行缶の給油でさえ断るところが多くなってきているようです。

現在このようなところが多くなってきているので、携行缶にスタッフが給油してもそれを周りで見た人は「自分で入れていいんだ」と判断する人がいるとのこと。そこで、自分自身で入れてしまう人が多くなるようです。

隠れて給油する人もいるようで、人数が少ないセルフではそこまでされると管理が難しいとのこと。自分自身で入れているところを消防の監査が来たら営業停止などの処分があり、またフルスタンドとは違い対面販売ではないので、その携行缶で入れたガソリンで事件があって裁判沙汰になったときなどは不利になるようなので基本的にガソリン、軽油は入れられないとのこと。

なんかペットボトルに入れようとした人も過去にいたそうですwww考えられません。


【引火性のあるものをガソリンのフィールド内で使用する】:

ガスが封入してあるタイヤワックスみたいなものがそうですね。あれはフィールド内で使用することは危険のようです。

これ結構平気そうで洗車後、ガソリンの計器の前でやっているひと見ますね。危険とのことなので引火性があるものをスタンド内で使用するのはやめましょう。

番外編

【フルスタンドのようなサービスを強要する】:

窓拭きをさせる、給油させる、ゴミを捨てさせるなどフルスタンドと同じ事をやるように強要する方がいるようです。

店員はこの時代ですので断ることが難しいです。セルフスタンドを理解しなければなりません。なぜフルスタンドよりガソリン価格が安いのか?!そういう強要をするかたは、はじめからフルスタンドに行ってください。


【ゴミ箱が無いことがわかると吸殻入れにゴミを捨てる】:

入店直前までタバコを吸って来店する人って多いと思います。まだ熱いうちに吸殻入れにタバコを捨てることもあると思います。

水が低底にあるとはいえ、ゴミを吸殻入れに入れてしまったせいで出火することがあるようです。吸殻入れは吸殻入れです。セルフは人が少ないので気づくのが遅くなることもあるでしょう。

出火の原因になるのでゴミを捨てたい人はフルスタンドへどうぞ。


【子供に給油させる】:

一緒に手を取り給油するならまだしも、子供だけで給油させて自分はタバコを吸いに行ったり、トイレに行ってしまう人がいるようです。

ほんとにあるんですか?!と耳を疑いましたね。見たことはないですが、普通に考えてもダメでしょうこれ。


【タバコを吸いながらの給油】:

話になりません。うっかりとかそんなレベルではありません。周りを巻き込みます。やめましょう!!


【洗車後の拭き上げスペースで長時間の利用】:

コイン洗車と違いあくまで拭き上げのスペースです。WAXで2時間以上とかさらに整備しちゃっている人もいるようです。これはびっくりですね。

HaLPosTの知り合いのところでは注意事項の看板を何個も設置していますが、そんなの関係なしにやるひとはやるようで洗車機を使わず窓拭きだけならまだ許せるが、手を洗う蛇口があってその水を使ってボデー全部拭いちゃっている人もいるそうです。

モラルの問題ですね。そこで水が出ないようにハンドルをはずしたところ工具を使って無理やり水を出して洗車していた人もいたそうです。そこまでやりますか?!意味がわからない…



ざっとあげてこんな感じです。まだまだあるんですが、それは次の機会に書こうと思います。スタンド関係ではないのですが、いろいろな人がいるってことでおもしろい話もありましたwww




いかがだったでしょうか?!一番驚いたのは、やっぱり「タバコを吸いながらの給油」が一番びっくりしました。

若いからとかそんな問題じゃないですよね?!ここまでくると人としてどうなのか?ってことになります。ちなみにそのタバコを吸っていた人で、ひどい人の場合は何回も注意してもやめなくて、ある日またタバコを吸いながら給油していたそうです。

いつものように注意をしていつものように言い訳がはじまったらしく、たいがいそういう方は「なんで?!」「なになに法の何条に書いてる?」とか言い訳をするそうで、まともに答えても話にならないと思っていたところ傍らに子供がいたことがあったそうです。

「いい年して子供いてこれか~」と腹がたったそうでその子供に聞いたそうです。「タバコ吸いながらガソリン入れたらどうなる?」と…そしたらその子供が「爆発する」と言ったそうですwwwいい加減にしましょう♪

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です